<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トド肉

旅の途中で、元地にある佐藤売店ではトド肉の串焼きなどが販売されています。「あなたは、トドの肉を食べたことを証明します」という証明書をもらいました。当地の美味しいものをいっぱい食べてよかったと思っています。証明書はトドの肉を食べた”勇気の証明”ですね。トドの味は薄い塩味のクジラと良く似ていました。
a0063399_2129621.jpg
a0063399_21293912.jpg

[PR]
by muyukobo | 2007-08-30 21:34 | 北海道

ノシャップ岬

a0063399_0151520.jpg
a0063399_0154285.jpg
ノシャップ岬(漢字だと「野寒布岬」と書くが、地名はカタカナ)へ。半袖ではさすがに風が強くて寒かった。観光客でごった返していた宗谷岬より、人一人いないこの岬の風情のほうがはるかに印象としては良かった。利尻島、礼文島は残念ながら雲が厚くて見えなかったのです。途中、偶然二頭の鹿に遭遇しました。野生の鹿を間近で見たのは初めてでびっくりしました。(写真は撮れませんでした)
[PR]
by muyukobo | 2007-08-14 00:16 | 北海道

氷雪の門(北海道)

a0063399_1244094.jpg
a0063399_1252354.jpg
a0063399_125516.jpg
札幌から稚内まで夜行バスに乗って朝5時に稚内に着きました。稚内までの距離は約396km。稚内公園に上ってさらに歩くこと1時間。港を見下ろす広大な公園であります。それがここ高台、稚内公園にある「氷雪の門」です。そしてその隣にはこのサハリンで勤務し、殉職した電話交換手の女性たちの慰霊碑があります。終戦直後の1945年、樺太の電話交換所にソ連軍が侵攻し、当時勤務していた9人の女性交換手が無念の自殺を図りました。「皆さん、これが最後です。 さようなら さようなら」の一言を残して・・・。乙女らの決死の覚悟せまりきてカメラ向けるも手が震えました。高さ8メートルの天に向かって伸びる2本の柱。柱の間には雪と氷の中でたくましく生き抜いた人々を象徴する2.4メートルのブロンズ像が…顔は天を向き怒り・悲しみ…にも涙を流さぬようにと、氷雪に耐え、たくましく生き抜いた人を象徴しているそうです。

氷雪の門を拝みました。
[PR]
by muyukobo | 2007-08-12 12:03 | 北海道

稚内駅(北海道)

北端の稚内駅や線路最北終着点を観光しました。日本の「ふるさとの駅百選」に選ばれた日本最北端に在る駅「稚内駅」は、北を旅する人々の最北の駅です。駅の入口付近には、「日本最北端」「稚内駅」と書かれた2枚の木のプレートが掲げられています。これを見ると感慨しました。終着駅・稚内駅は特に大好きになりました。入場料180円を払っても価値があります。みなさんへ行ってくださいね。
a0063399_22233880.jpg
a0063399_22251050.jpg
a0063399_22254410.jpg
a0063399_22262480.jpg

[PR]
by muyukobo | 2007-08-07 22:26 | 北海道

神威岬(北海道)

小樽駅から2時間くらい積丹半島のバスに出かけました。車窓から、何の妨げもなくきれいな北海道の海が見えました。途中で雨が降っていました。晴れ女のはずなのに。雨男・雨女が沢山上陸しているのかな?天気にも恵まれていないので、最高に気持ちが残念でした。積丹半島の最北端に積丹岬があります。そこには「日本の渚百選」にも選ばれている海岸があります。半島の最先端の神威岬は先端まで歩いていけます。以前はここは、アイヌの神様のいる場所という事で、女性の立ち入りは出来なかったらしいですが、今では、遊歩道も出来、散策も出来ます。積丹の海の独特の美しさは、写真ではなかなか伝えられないのが残念です。いつか晴れたらもう一度写真を撮りたい。沖縄などの南国の海の美しさとは、またひと味違うのです。少しの旅気分を味わうべく積丹半島の海の美しさも眺めてきました。かなりの絶景でした。
a0063399_20521725.jpg
a0063399_2053110.jpg
a0063399_2053429.jpg
a0063399_20542022.jpg

[PR]
by muyukobo | 2007-08-04 20:54 | 北海道