<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

少し雨ですが

今日は朝から少し雨ですが、午後からいい天気。陽はがんがん照りつけ、湿度は高い。掃除洗濯して念願の布団も干して。すっきりして気持ちいい。日焼けしたら、すぐ赤くなって、やけど状態です。そしてアトリエで掃除を疲れました。まだ掃除の取っ掛かりだけなのに。これでは長く外にはいられない。みなさん気をつけてくださいね。
a0063399_16402473.jpg
a0063399_16405528.jpg

[PR]
by muyukobo | 2007-06-30 16:41

五頭温泉歓迎塔の清水

アトリエにちかく地域は名水が豊富です。湧き水の出る水汲み場が、近くあります。地元だけでなく、新潟市からも、ペットボトルを車に積んで水汲みに訪れる人たちが大勢います。その帰りあと「五頭温泉歓迎塔の清水」に立ち寄りました。阿賀野市には他にも『岩瀬の清水』など有名な湧き水がありますが「五頭温泉歓迎塔の清水」の魅力は、その湧出量の豊富です。この清水、冬季(3月下旬まで)は消雪パイプに使われるため水汲み場は閉鎖されますが、この日は解禁。豊富な湧き水が溢れていました。五頭山系は、岩が多いです。その岩層を潜って湧き出た伏流水は、ナトリウムやカルシウムなどのイオンが溶け込んだ天然のミネラルウオーターでしょう。口に含むとごくかすかに塩分を感じさせ、心地よい清水でした。
a0063399_0501461.jpg
a0063399_0504334.jpg

[PR]
by muyukobo | 2007-06-28 00:51 | アトリエの辺

出湯温泉

アトリエから歩いて出湯温泉まで20分くらい。阿賀野市(旧・笹神村)の五頭(ごず)山系の麓には、出湯温泉、今板温泉、村杉温泉という三つの温泉からなる五頭温泉郷。開湯1500年の歴史ある出湯温泉です。新潟最古の温泉らしい。外の券売機で券を買って番台に出しています。脱衣所も浴場も「出湯温泉 共同浴場」の2倍くらいの大きさか。洗い場がないので 浴槽からお湯を汲んで体を洗うことです。体を洗うというよりゆっくりお湯につかるといった温泉。お湯の温度は 温めなのでずっと入っていられます。いつもこんなに混んでいるのは、地元の人が多いです。みなさん出湯温泉に遊びにおいで。
場所は 新潟県阿賀野市出湯  料金150円 入浴時間 6:00~20:00 泉質 単純泉?
a0063399_23544541.jpg

a0063399_23551531.jpg

[PR]
by muyukobo | 2007-06-24 23:55 | アトリエの辺

北方文化博物館 2

北方文化博物館は私にとってとても思い出の深い場所であります。小学部に家族と一緒に何回も訪れたことがあります。その時に北方文化博物館の座敷を囲む廊下に40メートルとかいう長い一本も柱の木が廊下を支えていてびっくりしました。柱が一本もない、釣欄間工法?です。そして明治時代などに興味が沸いてきました。
a0063399_2323332.jpg
a0063399_2324693.jpg

[PR]
by muyukobo | 2007-06-23 23:24

北方文化博物館 1

アトリエから自転車に乗って2時間くらい北方文化博物館行って来ました。10年近くぶりです。その当時は感覚していない私なので「古い家だな」とか「古い?」と興味が無かったですが、いい歳こいた40歳にもなると「古伊万里の皿がほしい」とか「古い家がほしいなー」とか「やっぱ日本庭園はいいな」などとぶつぶつ言いながら楽しみながら見ておりました。ちょっとは物の価値がわかるようになったかな。外は暑いですが、たくさんの観光客が来ていました。樹齢約150年のフジが見ごろを迎え、長く垂れた薄紫色の花が約300平方メートルのフジ棚いっぱいに広がり、藤棚は一本の木からたくさんの花をつけて圧巻です。華やかな香りが漂い酔いそうなくらいでした。(5月21日)
a0063399_151988.jpg
a0063399_1514233.jpg

[PR]
by muyukobo | 2007-06-22 15:02 | アトリエの辺

暑いです。毎日本当に暑いですね。梅雨は何処ないか?梅雨の時期って雨ばっかりでも文句が出ます。晴れて暑くなっても文句でしょうね。暑い昼間に庭の畑へお散歩に出ました。庭の畑は先週ジャガイモを全て収穫。株間が狭かったためか、あまりたくさん収穫はできません。畑の方はまだ2/3ほど残っています。今週中くらいにはすべて収穫したいところです。これからどんどん蒸し暑くなってしまいますが、ちょうど今の時期お外満喫できる季節ですね。
a0063399_21475072.jpg
a0063399_21481988.jpg

[PR]
by muyukobo | 2007-06-20 21:48 | アトリエの辺