<   2006年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

リサイクルが大好き。

a0063399_23408.jpg
私のベッドは寝てると腰に負担が掛かりました。ベッドはもう10年前だろう。すでに廃棄しました。新品のベッドを購入するのはちょっとお金がないので、中古のベッドを探すことにしました。4000円くらいだ買えたらいいなと思っていたのですが、どこのリサイクルショップも6000~15000円位が相場でした。それだったら安売りの10000円くらいの新品のベッドを買った方が全然いいと思いますよね。ソファーベッドを見た時点で値段(6000円)も高くなかったので迷わず購入しました。近代に於いて日本人の「物を大切にする心」って結構廃れてる気がするな。。。と思いました。それでも貧乏ですから。すぐソファーに爆睡したり、気になる体感も色々でてきてますね。ソフトのベッドの寝心地でした。
[PR]
by muyukobo | 2006-06-30 02:34 | くだらないの日記

市場のおばさん

朝の市場を見て廻ると、おばさん達が「これは安いき。」「これもいい品だき。」なとど言い合いながら買い物を楽しんでいますね。けんどすんごい素敵な笑顔で「いらっしませ」って 言ってくれるから、思わず、すぐ買いそうになりますね。そのおばあさんが魚に詳しくてお客様に説明しています。市場のおばさん達に囲まれ、幸せそうな笑顔が印象的でしたね。市場が元気な町は大好きです。全国の市場で笑いのある温かい社会で生きるおばさん達と出会いたい。
a0063399_245394.jpg
a0063399_2453978.jpg

[PR]
by muyukobo | 2006-06-27 02:46 | 中部

坂本竜馬の像

a0063399_12584887.jpg
学生時代に読んだ司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を思い出し、土佐の高知には機会があったら是非行って見たいところだったので、今回の旅行は大変期待していました。徳島から汽車で途中で高知が見えたとき、初恋の人にでも再会するような気持ちが湧き起こしました。高知駅から桂浜に向かってバスに乗り、長い階段を登ってたどり着きました。丘の上で、大きな坂本竜馬の像を見て、思っていたよりも大きかったことにびっくりしました。太平洋を望む坂本竜馬像ともご対面が出来て嬉しい。りりしいお姿でした。景色の美しさに感動しました。波が強いので遊泳禁止区域ですが、砂浜を歩きました。そして海のように心が広げていいなー。5月の暑くも無く・寒くも無い風が眠気を誘い、自然と調和している感じでした。冷たい海水が気持ちよかったですよね。坂本龍馬のファンの方は高知に旅してみませんか?楽しめますよ。
a0063399_12592391.jpg

この写真は去年撮ったもの。
[PR]
by muyukobo | 2006-06-21 13:00 | 四国

神戸

a0063399_1456.jpg
大阪駅から神戸駅まで新快速に揺られ20分、思ったより近い印象でした。平日はまだどの観光地も人が少なく、落ち着いていて、のんびりとした時間の中、神戸をぶらり旅を楽しめました。震災の後、急ピッチで進められたであろう復興は、TVで見ただけの私の記憶とは違い新しく綺麗な街に姿を変えています。駅周辺を歩き回って元気な神戸っ子の雰囲気を味わってきました。神戸の人が頑張ったかな。神戸・ポートタワーとポートタハーバーランドの観覧車がとても綺麗に見えました。神戸。とても素敵な街でした。震災後の街づくりは本当にすばらしいセンスのあるものだったと思います。街づくりの詳細を研究してみるのもいいなと思いました。今度はぜひとも異人館に訪れたい。
a0063399_143619.jpg

[PR]
by muyukobo | 2006-06-20 01:05 | 近畿

鶴橋

a0063399_113363.jpg
路上的旅人と一緒に、JR環状線、近鉄の鶴橋駅を降りたら、周辺には焼肉屋や朝鮮料理の店が並んでいます。そこは鶴橋市場。朝鮮食材、民族衣装を商う店、焼肉店などが狭い路地に沿って軒がありました。すでに焼肉の良いにおいが漂い、食感をびしばし刺激していました。焼き肉の香ばしいかおりやキムチなどの独特なかおりが広範囲にわたって漂よい、買い物客とのやりとりしているそうです。パスポートなしで行けちゃう国内の韓国でもある鶴橋の店で朝鮮語が飛び交うことが出来ますね。日本じゃないような感じさへしました。大阪の下町の町並みが残っています。東京のアメ横感覚でぶらぶら歩きながら、写真も撮りました。国際マーケットの外れにある古いアパート進駐軍時代の標識の残るアパートを見つけた時には驚きました。めぞん一刻の影響か、そういう古い建物(特にアパート)が大好きなんで、昭和の匂いを残しているし、楽しいですよね。でももうすぐ取り壊されてします。あと1年後かな。今一度写真に収めたいなー。私も今一度、「残したい風景」を通じて、地域の生活・文化に触れたいなーと思っています。
a0063399_12830.jpg
a0063399_12297.jpg

[PR]
by muyukobo | 2006-06-16 01:03 | 近畿

花飾り

a0063399_16561551.jpg
梅雨なんか吹っ飛ばせって感じで、すばらしくいい天気が続いてますよね。晩はやっぱり冷え込むけど、日中は暑いですよね。聞くところによると、明日から天気が悪いそうですが。雨も夏を乗り越えるため必要ですからね。サッカーのことを考えたばかり、今日も寝ず、天気もいいので私の運動不足解消の為にも散歩しました。とはいえ、歩く振動と心地よい暖かさでした。そんな中、花を飾ると少しは気分も軽くなりますね。アトリエの中が多少明るくなるりますね。普段あまり花を飾っておくということがないアトリエ。この花はもらいもの。たまにもらってくると飾るのですが、買って飾る習慣がありません。でもこれをきっかけに買って飾ろうかな?なんて思っています。花は癒されますね。みなさん花を飾ってみませんか?
a0063399_16564157.jpg

惜しくもオーストラリア戦に敗退してしまった日本代表チーム。でも、肩を落とすのは早すぎます。 残る2戦の奮闘に期待しましょう。
[PR]
by muyukobo | 2006-06-14 16:58 | アトリエの辺

古い看板

商店街も古い看板などを残した街へ散歩しました。。昔からある古い看板などが今も残っており、新しい店と混ざり合って独特な雰囲気を出しています。また歩道には、昔ここにあった建物の名前などが刻まれていました。「食堂」さんの古い看板を目にし、おもわず足を止めました。築百年という暮らしとそこに息づいた昔が、人のこころを味わいました。店内はレトロな感じます。古い看板が飾ってあったり置物もかわいいです。間接照明がオレンジ色で、雰囲気としたら居酒屋と食堂の素朴感がMIXです。がっつり食べれて、お酒も呑めて、いい雰囲気です。家庭的なので少人数の気心の知れたお友達で行くのが一番いいと思われています。看板みたら、この時期だから飾ってたのかななどと思いました。古い看板なのと今まで見た事無かったので散歩しながら撮って来ました。古い看板をみて私もデザインの参考になっていますよ。皆さんも古い看板を探し旅にしませんか?きっと日本発見すると思いますよ。
a0063399_345861.jpga0063399_352222.jpg







a0063399_355148.jpga0063399_362398.jpg







a0063399_364958.jpga0063399_371669.jpg
[PR]
by muyukobo | 2006-06-13 03:10 |

甲子園

a0063399_1161275.jpg
関西といえば・・・やっぱ甲子園でしょうか?野球少年だったので、やっぱり甲子園は見ておきたいと思って、行ってまいりました。正面がすんごい分かりづらかったのですが、たぶんここでいいかな。よく分からず、気の向くままに一周回ってしまいましたよ。感動ですね!軟式野球だったので甲子園とは無縁だったわけですが、ここは青春を感じますよね。7回裏が始まる時のフライングしているジェット風船が少し残っていました。一周回ってるときに、球場の外でウォーミングの散歩がてら甲子園の回りも気持ちいいものだ。甲子園と違う感じで心に染みこんできました。私は特に熱狂的阪神ファンというわけではなく、巨人の東京ドームよりは阪神の甲子園の方が好きです。甲子園球場ではいろいろ勉強させて頂きました。見るだけのかなり軽い観光でした。一見の価値あります。皆さんも甲子園に行ってみませんか?
a0063399_1163995.jpg

[PR]
by muyukobo | 2006-06-12 01:17 | 近畿

池田高校

a0063399_036417.jpg
雨でも阿波池田駅の辺で散歩しょうと決心しました。高校野球で一時活躍していた池田高校のある町です。私は中学生の頃に、池田高校が甲子園でめちゃめちゃ強くてさぁ、と昔の思い出をしてしまいました。だって、生きているあいだにもう二度と来ることないかもしれないので、池田高校まで歩き出しました。坂の上に池田高校・中学・幼稚園・小学校って順に並んでるんだけどとりあえず小学校見て隣の公園に行ったら、おばあさんが元気でゲートボールをやっていました。「池田高校」が有名にしてくれた故蔦監督率いてましたね。彼が凄いですね。池田高校の文字のある服を見て本当にドキドキしていました。そんな感じでオレの故郷の一つ池田町の旅はかなりのんびりでした。(5.20)
a0063399_0364664.jpg

[PR]
by muyukobo | 2006-06-11 00:37 | 四国

大鳴門橋

a0063399_9571666.jpg
鳴門海峡へ行きました。鳴門海峡の辺を散策し渦潮を見に行きました。まずは渦の道を見学しました。これは大鳴門橋の橋桁部分につくられた遊歩道で、床のところどころにガラス板がはめ込まれていて、潮の流れを見ることが出来ます。洗濯機の渦みたいです。安全なのはわかっているが何故かガラスの上を歩くのには勇気がいますが、私は高所恐怖症かな。ガラスの上を歩くことが出来ません。風も強いし、車で揺れるから、足がガクガク震えるんですよ。(5,17)
a0063399_95751100.jpg

[PR]
by muyukobo | 2006-06-09 10:00 | 四国