カテゴリ:四国( 5 )

坂本竜馬の像

a0063399_12584887.jpg
学生時代に読んだ司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を思い出し、土佐の高知には機会があったら是非行って見たいところだったので、今回の旅行は大変期待していました。徳島から汽車で途中で高知が見えたとき、初恋の人にでも再会するような気持ちが湧き起こしました。高知駅から桂浜に向かってバスに乗り、長い階段を登ってたどり着きました。丘の上で、大きな坂本竜馬の像を見て、思っていたよりも大きかったことにびっくりしました。太平洋を望む坂本竜馬像ともご対面が出来て嬉しい。りりしいお姿でした。景色の美しさに感動しました。波が強いので遊泳禁止区域ですが、砂浜を歩きました。そして海のように心が広げていいなー。5月の暑くも無く・寒くも無い風が眠気を誘い、自然と調和している感じでした。冷たい海水が気持ちよかったですよね。坂本龍馬のファンの方は高知に旅してみませんか?楽しめますよ。
a0063399_12592391.jpg

この写真は去年撮ったもの。
[PR]
by muyukobo | 2006-06-21 13:00 | 四国

池田高校

a0063399_036417.jpg
雨でも阿波池田駅の辺で散歩しょうと決心しました。高校野球で一時活躍していた池田高校のある町です。私は中学生の頃に、池田高校が甲子園でめちゃめちゃ強くてさぁ、と昔の思い出をしてしまいました。だって、生きているあいだにもう二度と来ることないかもしれないので、池田高校まで歩き出しました。坂の上に池田高校・中学・幼稚園・小学校って順に並んでるんだけどとりあえず小学校見て隣の公園に行ったら、おばあさんが元気でゲートボールをやっていました。「池田高校」が有名にしてくれた故蔦監督率いてましたね。彼が凄いですね。池田高校の文字のある服を見て本当にドキドキしていました。そんな感じでオレの故郷の一つ池田町の旅はかなりのんびりでした。(5.20)
a0063399_0364664.jpg

[PR]
by muyukobo | 2006-06-11 00:37 | 四国

大鳴門橋

a0063399_9571666.jpg
鳴門海峡へ行きました。鳴門海峡の辺を散策し渦潮を見に行きました。まずは渦の道を見学しました。これは大鳴門橋の橋桁部分につくられた遊歩道で、床のところどころにガラス板がはめ込まれていて、潮の流れを見ることが出来ます。洗濯機の渦みたいです。安全なのはわかっているが何故かガラスの上を歩くのには勇気がいますが、私は高所恐怖症かな。ガラスの上を歩くことが出来ません。風も強いし、車で揺れるから、足がガクガク震えるんですよ。(5,17)
a0063399_95751100.jpg

[PR]
by muyukobo | 2006-06-09 10:00 | 四国

かずら橋

a0063399_1371885.jpg
古い(8ヶ月前)の日記ですが、ブログを載せます。
高知県から徳島へと向かいました。徳島は大自然に囲まれた土地で、私の心と頭の喧騒から逃れ、リラックスするには最高です。祖谷渓(イヤケイと読む)というところにある大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)の川くだりです。祖谷渓はその名の通り渓谷で、この高い山がそびえたち、自然の偉大さを感じました。ちなみに大歩危・小歩危の名前の由来は、「大またで歩いても小またで歩いても危ない」というところから来ているそうです。由来どおり、険しいところでした。
大歩危駅からバスに20分くらい乗ってかずら橋まで乗りました。降りて10分くらい歩いてかずら橋に着きました。木のつるの寄せ集めで出来ているのかずら橋は長さ50m足らずの吊り橋なのだが、人が通るとゆらゆら揺れたり、足元から遠くに川底が見えるくらいの隙間だらけの橋なので、実際に渡ろうとするとかなり怖かった。踏み外すと靴が川に落ちてしまいそうでした。足場が分からないでした。顔も上げず、ひたすら足元だけを見て渡り、「怖い怖い」と言いながら、出口まで着いた時にはぐったりしていました。だけど、お金(入場料=500円)出して渡ってみるだけの価値がありました。その位、面白かったでした。
大歩危境で川辺に降りて行ってまた石投げしました。大歩危・小歩危の風景を見るだけで勘弁してもらいました。
a0063399_1374674.jpg

[PR]
by muyukobo | 2006-04-14 01:38 | 四国

四万十川を眺めながら

たくさんの人と出会って相手の気持ちを考えたり、相手の気持ちで会話しました。自分が分からなくて何事も中途半端で頭でっかちで、混乱していてもがいています。これも中途半端で終わってしまうのが嫌いです。頭の中を落ち着かせるために、散歩をしました。
a0063399_1530327.jpg

レンタル自転車を使って、特に目的地も決めず、突然 四万十川のところへ自然を眺めながらゆっくり自転車に乗るのは、意外と楽しかった。ぶらり旅でした。知らない道、知らない場所へ行ってみるのがもっと楽しいです。知らないお店を覗いてみました。知らない人と出会って少し会話をしました。自然の中の散歩すると、四万十川の流れや 草木の香り 風の心地よさなどに神経を使えば少しずつ頭の疲れが取れました。歩くこと、自転車に乗ることが好きになると、いい運動にもなります。絶対なにか達成感を味わえると思いますので、みんな自動車だけでなく、自転車に乗って散歩してみるのもいいですよ。
[PR]
by muyukobo | 2005-11-30 15:33 | 四国