カテゴリ:関東( 16 )

渥美清さんと再会(東京)

a0063399_13133047.jpg
最近梅雨入りして、連日雨が降り続いて心配しておりましたが、幸運な事に一昨日は梅雨の晴れ間で、とてもさわやかで気持ちのいい天気でした。やっぱり渥美清さんが天国で見守ってくれてるのかも、なんて思いました。

一語一絵(6月11日更新)クリックしてください。
ランキングに参加中です 応援お願い致します!
どうかここを ポチッとしてください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]
by muyukobo | 2008-06-26 13:13 | 関東

地獄のぞき(千葉)

a0063399_2229197.jpg
切り立った崖にある地獄のぞきと呼ばれてる場所。立ち上がったらこりゃ絶景なりましたね。風がとっても気持ちよくなりました。感想でした!
一語一絵(6月11日更新)クリックしてください。
ランキングに参加中です 応援お願い致します!
どうかここを ポチッとしてください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]
by muyukobo | 2008-06-23 22:29 | 関東

日本一大仏(千葉)

a0063399_14484281.jpg
「日本寺」名物の大仏です。昭和44年6月、4ヶ年にわたる復元工事によって再現した総高31.05メートルある名実ともに日本最大の大仏さまです。これもでかいですね。座っている大仏様では日本一の大きさらしいです。圧巻です。感動です。(ちなみに立っている大仏の最大は茨城の牛久大仏で、なんと120m!ギネスにも載ってるらしい)この大仏様には「健康」を祈願してきました。

一語一絵(6月11日更新)クリックしてください。
ランキングに参加中です 応援お願い致します!
どうかここを ポチッとしてください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]
by muyukobo | 2008-06-22 14:48 | 関東

鋸山(千葉)

a0063399_0195321.jpg
久し振りに山登りをしました。去年の10月の山寺以来となります。鋸山は東京時の山登り以来10数年ぶりとなります。保田駅の方を回って登山口へ。鋸山は標高こそ低いのですが、海際から登り始めるので標高差はあります。山道も結構本格的で、アップダウンもあり山登りらしい時間を過ごしました。途中で旧石切り場跡や日本寺敷地内の地獄のぞきなどより道をしつつ、計4時間半ほど歩きました。息ぎれしながら、汗いっぱいかいて歩きました。歩きました。歩いてた時間のほうが長いかもしれない。そんなのんびり観光気分もいいなぁ。石切り場で観光客を見かけましたが、登山路では誰とも出会わず、山を借り切ったような気分です。

一語一絵(6月11日更新)クリックしてください。
ランキングに参加中です 応援お願い致します!
どうかここを ポチッとしてください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
[PR]
by muyukobo | 2008-06-22 00:20 | 関東

真壁(茨城)

a0063399_11293159.jpg
a0063399_11302674.jpg
新潟駅から汽車に乗車し水戸線で岩瀬駅へ、岩瀬駅からはバス(往復1000円)で真壁市街へ、午前9時には到着しました。ただ、本数が少ないので時刻表です。なるべく遅れないようにしていました。茨城は真壁の町をゆっくりと見て回りましたが、その近くにも歴史的町並みの残る町が幾つもあるようです。その中で、紬で有名な結城の町を見てきました。この町も、織物で有名だっただけあり、江戸や明治の見世蔵が、30位も残っています。じっくり見て回れば、これ程に風情のある町も、今の日本では少ないでしょう。文化財として登録されている旧真壁郵便局は、昭和2年に国立第五十銀行(現常陽銀行)支店として建設されたものだそうです。今は、こうして面影を残したまま、町並み案内所として利用されています。茨城県桜川市の旧真壁町の普段なら静かな商店街の各店が、お雛様を飾って通りすがりのお客様を「どうぞご覧になってください。」と声を掛けてくれます。真壁の人が優しいですね。初めて訪れた真壁町ですが、時代を錯覚するほどの家々や門・蔵そしてお雛様に和の文化の良さをしみじみと味わうことが出来ました。そして催し物を見るといった感覚で訪れた真壁のひな祭り、次に来るときはもっと土地の人と触れ会話を交わしながら歩いてみたいと思いました。
[PR]
by muyukobo | 2008-03-28 11:31 | 関東

佐原(千葉)

a0063399_14352764.jpg

a0063399_14364897.jpg
千葉では数少ない古い商家の残る町「佐原」に行ってきました。赤レンガの洋館三菱館の隣が観光案内所になっているのでそこで街歩きマップをもらえます。佐原は、JR等でも古い町並みを積極的にアピールし、観光に力を入れているので気になっていたところでした。観光区じゃなくても、昔ながらの街です。「北総の小江戸」と言われているらしく、昔、利根川水運の中継基地として繁栄していたそうです。佐原には最も栄えていた江戸時代末期から昭和時代前期に建てられた木造町家建築、蔵造りの店舗建築、洋風建築、古い蔵などいっぱいあり、江戸時代から続くお店が残っていますね。ジャージャー橋とよばれる樋橋からは一時間に1、2度水が流れ落ちています。本当に情緒があってよかったと思っています。日本で最初に地図をつくった伊能忠敬の旧宅もありました。記念館にも入りましたよ。伊能忠敬が50歳を過ぎてから日本全国を歩いて作った地図も展示してありました。すごいですね。レトロな建物好きの私には、とっても楽しいそぞろ歩きの4時間でした。
[PR]
by muyukobo | 2008-02-22 14:38 | 関東

寅さん記念館

a0063399_0283478.jpg
寅さん記念館に行きました。もし子どもがいたら 足早に10分くらい見学を終えてしまうのが、当たり前です。でも1時間近く 見学して回りました。まずは、柴又帝釈天参道のセットを通り抜け、実際に撮影で使った「くるまや」のセットに続いて。レトロな雰囲気が そのまま残っていて、懐かしく感じました。昭和30年代帝釈天参道の ミニチュア模型が展示されていて、これがまた精巧に出来ていて 細部まで見入ってしましました。もちろん寅さんについても勉強になりました。「どれだけご存じQ&Aコーナー」で、寅さんクイズに 私はチャレンジし、見事初段に認定されていました。本当にまぐれでした。記念館の 薄暗い灯りは 昭和の暖かさを思い出させてくれました。寅さん記念館というのがあって、映画のすべてを堪能出来ますので、みなさん行ってくださいね。
a0063399_0292052.jpg
a0063399_030754.jpg

[PR]
by muyukobo | 2007-05-14 00:30 | 関東

柴又帝釈天

a0063399_1365119.jpg
柴又帝釈天に参詣してから、帝釈天の見事な彫刻を眺めていました。帝釈天というのは思ったより、ずいぶんと由緒ある立派なお寺で彫刻がありますね。本当にすごいです。彫刻は精巧な作りで感心しました。
a0063399_1372041.jpg
a0063399_1395897.jpg

[PR]
by muyukobo | 2007-05-09 13:11 | 関東

柴又駅

a0063399_2310953.jpg
3月ごろに葛飾区の友達の家で泊まらせていただいた時、思い立って柴又駅まで行きました。小さな駅ですが、人が沢山いました。みんなに囲まれていて正面から撮るのは難しかったでした。寅さんの銅像を過ぎて帝釈天の参道へ向かいました。柴又という場所は、寅さんの縁の地ということでおじいちゃんとおばあちゃんがたっくさんいます。周りには出店、お土産屋もたっくさんあります。私はそんな下町を草団子食べながら散歩しました。寅さんゆかりの地で庶民的な下町の情緒にあふれた町並みでした。ちょっと神社の参道があってその両脇に、だんごやや蕎麦屋などがある呆気ない規模で笑ってしまった。しかし東京の西のほうにはない下町らしさは少し感じました。
a0063399_23104546.jpg

[PR]
by muyukobo | 2007-05-03 23:10 | 関東

伊香保温泉

a0063399_2236204.jpg
伊香保温泉といえば、石段の両側に立体的に旅館が建ち並ぶ写真が有名ですよね。今回は泊まりではなかったのですが、せっかくなので見に行ってみました。石段街はとても良い 360段 300m 出発点は720m 伊香保神社は800M。そこから歩いて30分山道を歩くと展望台に出ます。山々のパノラマが凄い。伊香保でこれほどとは思わなかったでした。こちらの石段の両側には、古くからの温泉旅館や、土産物屋、射的屋などが立ち並び、古くからの温泉街の雰囲気を維持しています。また、石段の入り口にはその名も「石段の湯」という、日帰り入浴施設がありますので、泊まらない方でも、気軽に伊香保温泉が楽しめそうですね。伊香保ロープウェイにでも乗ってみようということになり、ロープウェイ乗り場へ。途中で雨が降ったので中止。
a0063399_22381521.jpg

[PR]
by muyukobo | 2007-03-31 22:38 | 関東