カテゴリ:九州( 8 )

一本柱鳥居

a0063399_13554170.jpg
一本柱鳥居をみました。戦争で原爆の爆風で片側の柱が吹き飛ばされ,一本の柱だけ残ったものです。一本は横たわっているそうです。そして1本は60数年間一本で立っているそうです。街中にたたずむ,歴史の証言者だったでしょうか
[PR]
by muyukobo | 2007-10-05 13:55 | 九州

オランダ坂

a0063399_1448469.jpg
a0063399_14543184.jpg
やっぱりオランダ坂で急な坂は凄かった。さすが坂の街長崎ですね。昔ながらの石畳の坂が残っています。オランダ坂とは、このあたり東山手の石畳の坂の総称だそうです。坂の辺りには、大学の近くだからでしょうか観光施設があまりなく、静かな所でした。この坂を登って行くと、長崎港を見渡せる所に出ます。この坂を上ると、洋館群があり、資料館のように保存されていました。お年寄りの人が大変ですね。お年寄りの人を追い越してずんずん坂を登って行ってきました。完全に負けてしまうですね。みなさんも坂に登ってごらん
[PR]
by muyukobo | 2007-10-03 14:55 | 九州

眼鏡橋

a0063399_12105770.jpg
a0063399_12132521.jpg
日本最古のアーチ型石橋「眼鏡橋」へ行きました。水に映る部分と合わせて見ると眼鏡の形に見えるから眼鏡橋と呼ばれています。有名ですね。天気が良かったので、しっかりと橋が川面に映ってちゃんとメガネでしょう。街の真ん中に川が流れていると、何となくのんびりした気持ちになれますよね。みなさん眼鏡橋の下にのんびりしてみませんか?
[PR]
by muyukobo | 2007-10-02 12:13 | 九州

雲仙

a0063399_13482199.jpg
a0063399_13485956.jpg
最初の国立公園に指定された雲仙公園へ、長崎から雲仙までのバスがあり、乗って行きました。雲仙では温泉が沸いており、大分別府のような地獄といった箇所があります。雲仙は規模が小さいですが…。温泉宿がいっぱいありました。歩いていても地下から湧き出る原泉のせいで、足が熱い。時間の都合もあり、温泉には入りませんでしたが、途端に温泉の臭い、漂う硫黄の臭い、いっぱい嗅いできました。子供の頃は「臭い」と思っていたけれど、今では逆に「おいしそう」。何を連想しているのだか判らないけれど、大人になったでしょうか?そこで温泉たまご食べたけどあれはどう考えても普通のゆでたまごでした。歴史のある温泉街 雰囲気が最高でした。みなさんも行ってごらん。
[PR]
by muyukobo | 2007-09-30 13:49 | 九州

平和公園

a0063399_0172171.jpg
a0063399_018270.jpg
朝起きて、疲れ旅に気を取り直して、長崎駅から平和公園へ30分間くらい徒歩しました。案内表示に従って平和公園に向かいました。急な階段を登るとそこはあの有名な平和祈念像前の広場でした。長崎は、開国明治維新への日本の礎、そして戦後の日本の平和のいしずえでもありますよね。

右手は原爆を、
左手は平和を、
表情は追悼の意を表します。

中心地で石碑を見て、空を見上げて心で考えました。原爆が落ちた日も、空がやったでしょうか?と思いました。私からすると、心に響くというか、心に刻まれる場所でしょう。小学校、中学校、高校の修学旅行か、順番に記念写真を撮っています。平和公園には千羽鶴がいっぱい飾ってありました。いろんな千羽鶴。メッセージも書いてあって、本当にみんなが平和を願ってとるのが伝わってきますね。この地は長崎刑務所の跡地で、134名全員が亡くなった場所。長崎原爆資料館へ色々見ながら本当に、複雑な気持ちになりました。

平和の泉の石碑に書いてある文章。

のどが渇いてたまりませんでした
水にはあぶらのようなものが
一面に浮いていました
どうしても水が欲しくて
とうとうあぶらの浮いたまま飲みました
読んでいた時、本当に泣きそうでしょう。

「世界がいつまでも平和でありますように…」
[PR]
by muyukobo | 2007-09-28 00:19 | 九州

海の下を潜るトンネル

a0063399_144855.jpg
生まれて初めて関門海峡は海の下を潜るトンネルで、20分くらい歩いてみました。ちょうどそのトンネルの真ん中くらいのところに白線が引いてあり、ここからこちらが山口県、ここからこちらが福岡県、というように、県境が書いてありました。海の中に山口県と福岡県があるんだと凄いなーと感動しました。日本の中に県境があると思いますが、教えていただけませんか?私はすぐ参上いたします。写真を撮りたい。
[PR]
by muyukobo | 2005-12-05 14:49 | 九州

別府温泉

沖縄ではシャワーばかりで体に合わなくて、お風呂に入りたいと毎日思っていました。ホームショックでした。旅の疲れと痛みが激しいので温泉で治療をしようと思って1ヶ月ぶりに別府温泉に入りました。
a0063399_2031913.jpg

気持ちが良かった。地獄めぐりは全部で10地獄ありますが、タイプの違う代表的な2つを見ました。竜巻地獄、血の池地獄でした。血の池地獄でのんびり足湯をしました。熱くないが、ワインのような匂くて温泉らしくいい香りで心も洗いました。海浜砂湯へ行きたいけれど、今年の9月の台風の高波被害で休業していました。本当に残念です。
[PR]
by muyukobo | 2005-12-02 20:02 | 九州

門司港駅

山口下関駅から門司港駅まで散策しました。入場券を買って、門司港駅の構内を散歩しました。大正元年に建てられたそうで、まさに大正のロマンを感じさせる駅舎の門司港駅です。
a0063399_0452847.jpg

この駅舎だけは、昭和の香りがなつかしい、郷愁ある駅舎です。絶対に改築して欲しくないです。学校のときには、汽車で通学したことが懐かしくて、30分ぐらい待合わせ室で昭和のポスターを眺めながら、何だか造られたレトロっぽさで、昔から知っている人間としたら昔の方が却って良かったのでは感じました。私の近くの新潟県の水原駅は新しい駅に建て替えられ昔の面影はありません。古いものの好きな私は古いものを残してあったらいいなーと感じています。
[PR]
by muyukobo | 2005-12-02 00:46 | 九州